増え続ける白髪への対処方法【体のケアが大切】

自分の毛を移植する

薄毛の男性

日帰り手術が可能

AGA治療の基本は治療薬ですが、治療薬では毛の再生ができない状態になった場合には自毛植毛という治療になります。自毛植毛は、自分の髪の毛を移植する治療です。とても自然に仕上がるということと、移植後に定着した毛は永久的に生え続けるのがメリットです。一度自毛植毛すれば、他の髪の毛と同じように洗髪やケアを行うことができますし、移植後の特別なメンテナンスもほとんど必要ありません。移植というと入院というイメージがありますが、自毛植毛の場合、日帰り手術が可能です。大量に移植する場合は1日で終わらないこともありますが、最近は短い時間で大量に移植できる方法も開発されています。移植時間は1回3〜6時間ほどです。移植方法や移植株数によって時間が変わってきます。またメスで後頭部の頭皮を切り取って移植する方法もありますが、最近はパンチブレードで移植株を採取して移植する方法が多く、傷跡が目立たないことや痛みが少ないことがメリットとなっています。さらにロボットが移植する機器も登場し、医師の技術レベルに左右されることがありません。当日の施術の流れとしては、まず医師と移植後のデザインを決めます。どのぐらいの髪の毛を移植して、生え際のラインをどのようにするかを決定します。同時に、当日の体調や服用中の薬など手術が可能かどうかを診察します。そして局所麻酔を行います。移植株を採取したら、移植箇所に穴を作り株を移植していきます。

Copyright© 2018 増え続ける白髪への対処方法【体のケアが大切】 All Rights Reserved.